ソープランドで使われる道具について

定番アイテム

ソープランドの定番アイテムと言えば、まずは浴室が第一に思いつきます。
浴室は、ソープランドの代名詞的存在ですから、なくては困ります。
この浴室で、様々なサービスが行われ男性客は日常のストレスや疲れをとっています。
スケベ椅子と呼ばれる変わった形の椅子も定番アイテムと言えるのではないでしょうか。
座る部分にへこみがあり、男性の性器を洗いやすくするようにできているのが特徴的です。
女性は、そのへこみ部分から腕を入れて上手に男性の股間やお尻を洗うことができるのです。
その他には、エアマットが浴室には用意されており、その上でローションと呼ばれるアイテムを使い、寝そべった男性の上に女性が全身を使いマッサージしてくれます。

その他のソープランドアイテムとは

定番アイテムについては聞いたことはあるかもしれませんが、あまり聞いたことのないアイテムとして、くぐり椅子と呼ばれる椅子があります。

スケベ椅子を高くしたものですが、ソープ嬢が椅子の下をくぐることができることからそのような名前が付けられました。
通常のスケベ椅子はソープ嬢が前や後ろから手を入れて股間を洗ってあげるだけですが、くぐり椅子は、座った男性客の下を仰向け状態でくぐり、男性の性器やお尻などを舌で舐めて洗ってくれるのです。

また、本番行為もありますのでソープ嬢は挿入しやすいように潤滑ゼリーと呼ばれるアイテムを女性器の中に入れておくこともあります。
このように、なかなか知らないアイテムを使いながら男性客にサービスをしているのがソープランドの特徴のひとつかもしれません。


この記事をシェアする